お気軽にご相談ください

0566-93-5301

受付時間:10:00~18:00

お問い合わせ

介護リフォーム

介護リフォーム

新築建設から施工、リフォームまで介護専門の実績豊富な建築士が快適な住環境をご提案します。
「両親が住み慣れた自宅で介護したい」などの理由で自宅介護を検討しているなら「介護リフォーム」についても考えておく必要があります。介護リフォームとは、高齢者や被介護者にとって暮らしやすい家・介護者にとって介護しやすい家にするために行うリフォームです。条件を満たせば介護保険制度の補助金や市区町村による助成金を受けることもできます。
「介護保険住宅改修工事」ではさまざまな発想で「最後まで暮らせる家」をコンセプトに家族が笑顔でいつまでも暮らせるお手伝いをします。

photo

ページTOPへ戻る △

介護リフォームのポイント

介護リフォームをする際に忘れてはいけない3つのポイントを紹介いたします。

ポイント①:介護する人・される人が暮らしやすい家にする

介護リフォームの目的の一つは、高齢者や被介護者ができるだけ自分の力で行動できるように改修することです。
ポイントは、外出・入浴・排泄といった日常生活に必要な行動をスムーズに行えるように「段差をなくす」「滑りにくい床にする」「使いやすいトイレにする」などが考えられます。
ある程度自立した生活は、被介護者の活力を生み出すことにもつながります。

photo

ポイント②:介護する人の負担が軽くなる家にする

介護リフォームには、介護者の負担を軽くするという目的もあります。
例えばトイレでも、車椅子の方でも出入りしやすいスペースの確保はもちろんですが、もしトイレを汚してしまった場合、掃除をするのは介護をする人です。介護者の視点に立って掃除のしやすい工夫がされていることも大切なポイントとなります。

photo

ポイント③:将来を見据えて住みやすい家にする

「将来に備えるため」というのも、介護のリフォームの目的です。今は不便を感じていなくても、やがて自分も高齢者になるときがやってきます。また同居している家族の要介護度が上がる可能性もあります。
高齢になってから、あるいは被介護者になってからのリフォームは何かと大変ですので、そうなる前にリフォームをしておくという考え方です。
ただし、計画性のない施工は失敗のもとになりかねません。介護の専門家やリフォーム会社と相談しながら、計画的に進めましょう。

photo

ページTOPへ戻る △

介護リフォームのポイント

玄関のバリアフリー化

photo

玄関のバリアフリー化は、高齢者や被介護者が気兼ねなく安全に外出するために欠かせません。門から玄関までのアプローチも見直してみましょう。

■ポイント

・楽に出入りができる
・靴の着脱際に座る場所がある
・つかまる場所がある
・車いすで入る事ができる
・雨の日でも滑らない

トイレのバリアフリー化

排泄はプライベートな部分なので、できるだけ誰かの世話にはなりたくないものです。トイレのバリアフリー化で押さえておきたいポイントをご紹介します。

■ポイント

・出入りがしやすい
・トイレ内で動きやすい
・用を足しやすい
・スリッパを履かなくてもよい
・掃除がしやすい

photo

階段のバリアフリー化

photo

階段は、転落などの危険が伴う場所です。安全な上り下りを実現する階段のバリアフリー工事についてご紹介します。

■ポイント

・高齢者や被介護者にとって使いやすい
・つかまる場所がある
・段差が緩やかな設計になっている
・昇降機が設置してある
・滑りにくい床材を使用している

浴室のバリアフリー化

滑りやすく、事故も起きやすい浴室は、介護リフォームで高齢者にとって使いやすいものにしておくと安心です。

■ポイント

・出入りがしやすい
・塗れても滑らない
・浴槽への出入りがしやすい

photo

ページTOPへ戻る △

介護リフォーム
お気軽にご質問・相談ください

0566-93-5301

受付時間:10:00~18:00

お問い合わせフォーム

ページTOPへ戻る

Copyright © 2018かいごのとびら All Rights Reserved.